読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち聞きweblog

待ち合わせで相手が遅れてる時とか、何故か眠れない夜とか、通勤や通学の電車とかで流し読みして下さい。

リスクとリターンにジレンマ

駆け落ちと言えば、人生を賭けた一世一代の大決心が良い意味でも悪い意味でも人の心を動かすような気がするし、まるでそんな状況に縁のない人(私を含め)にとってはドラマチックや羨ましいと言った、一度くらいは経験してみたい”憧れ”に近い印象を持つ人が多いかもしれない。当の本人達にとっては恋人と一緒になるため、親との縁が切れるのも辞さないという覚悟のうえの行動である。


何かの欲や夢を叶えようとした時に大きめのリスクを背負わなければならない、ほとんどの場合がそれに当てはまるのではなかろうか。シンプルな表現ではハイリスクハイリターンというが、このリスクがリターンに見合わない大きさの場合、人は行動を迷った挙句、断念してしまうのである。


まだまだ寒いと言いつつも、春はもう目の前に迫っている。日当たりの良い場所では桜の蕾がチラホラみられるようになったし、近所では猫が日向ぼっこしている姿もよく目にするようになった。


花粉症というハンデを背負った事で、お花見では鼻水というリスクとお付き合いすることになったが、このリスクとリターンのバランスが私にとってベストなのである。お花見はもともと好きな方だし、特に夜桜を見ながらのビールは不思議なもので2割り増しとは言わずとも、1割り増しで美味しく感じる。


ただ、花粉症になってからというもの、出来ることなら外出はなるべく避けて、空気清浄機をガンガン効かせた家で、仰向けで一日中過ごしたくはなるのだが、お花見には参加する。誘われなければ参加しないし、人を誘ってやろうとも思わない。誘われれば行く、リスクとリターンのバランスが最も取れた例ではないかと思う。


ハナミズのせいで桜のハナミズ今年の春を過ごすのも少し寂しい気がする今日この頃なので、誘われればお花見に参加するとして、明日から始まる一週間に備え、本日は早めに床につくとします。それでは。