読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち聞きweblog

待ち合わせで相手が遅れてる時とか、何故か眠れない夜とか、通勤や通学の電車とかで流し読みして下さい。

ご褒美の焼き鳥

私は市と呼ばれるものが好きで、京都で暮らすようになってから、数え切れないほど足を運んだ。東寺で行われる月初めの日曜日のガラクタ市に21日の弘法さん、北野天満宮で開催される25日の天神さんと、他にも手作り市などあらゆる市を合わせると、平均月に1.5回としても50回ほどは通っている計算で、何か掘り出し物は無いだろうか、素敵な骨董はどこだろう、と毎回うきうきでウォッチングしているわけだが、実際にものを買ったのは記憶にある限り5回あったかどうかで、うち3回はコーヒーを飲んだだけである。


野球で言うと打率はわずか1割で、5回打ったヒットのうち3回は打ち損ないがふらふらっと上がって守備の間に落ちるラッキーヒット。当然レギュラーからは程遠く、二軍でもベンチに入れたらいい方で、普通であれば戦力外の解雇である。それもこれも原因は私、小心者な点にある。欲しい物が見つからないことももちろんあるが、気になるものがこれまで無かったわけじゃなく、ただこれ下さいの一言が言えないのである。買い物をする環境としては決して慣れていない、屋外、混みが小心者の私を目覚めさせるようである。


思えば昔からその気はあった。お店で探し物をしていても店員さんに聞けないし、取り寄せのお願いなんてもってのほか、勇気を振り絞ってたこ焼きを頼んだのに、たい焼きが運ばれて来た時には大嫌いなあんこを涙目でえづきながら食べた事もあった。しかし私も歳をとるごとに場数も増えて、お店での注文やトラブルくらいは堂々と対応できるようにはなった。


…と思っていたのだが、先日の出来事である。いつもはファミマ、セブン派なのだが冷たい雨が降っていたこともあり、雨宿りを兼ねてローソンへ入った。帰っても晩御飯が無いことを思い出し、缶ビール2本とサラダを持ってレジへ行き、でか焼き鳥とやらのももと皮を2本づつ、計4本頼んだはずなのだが、袋に詰められたのは明らかに2本。缶ビール1本につき焼き鳥1本は、週末の楽しみとしてはあきらかに物足りず、ここは4本必要なのだが、バイトの若い女の子にすら言えなかった。2本づつねの一言が言えずに帰宅である。


缶ビールと焼き鳥のアンバランスな比率に嘆いてのブログでなく、いつもは行かないローソンで、そうそう無い間違いをするバイトに当たり、二本づつねが言えない私はこの先も苦労が耐えないような気がして、いつかは小さなことで落ち込むことのない人生を歩めればなとほろ酔いで吐露できたので、更新は月曜になるのだろうけど、今夜は枕元のメモにどんまいと書いて眠るとします。それでは。