読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち聞きweblog

待ち合わせで相手が遅れてる時とか、何故か眠れない夜とか、通勤や通学の電車とかで流し読みして下さい。

キャパオーバー

わかりやすい物でいうとグラスや、わかりにくい物でいうと人の心など、ありとあらゆるものにはキャパシティが決まっていて、キャパを超えるほど何かを受け入れるとキャパオーバーになる。私は出身地の石川が最も好きだし、石川を離れて4年たった今でも、たまにホームシックならぬカントリーシックに陥る事があるのだが、新幹線の駅ができた今、観光客でキャパオーバーである。観光客だらけの石川、想像したくないものである。


これは弱音ととられても構わない。構わないから誰か助けてくれとまではいわないが、どうか静かに話しを聞いてくれまいか。最近の私は明らかなキャパオーバーである。昼の仕事はがんばればがんばった分だけ給料は増えずに仕事量は爆発的に増加傾向で、さらにそろそろ次の仕事を探せねばならぬ時期に差し掛かっているし、人の反感を買うことから消化しなければならぬ事や、自分に与えたノルマのために時間がタイトにタイトにきつきつになっている。


キャパオーバーを自覚し始めたのが3月入ってからで、いよいよボロが出始めた。今日は少し気温も上がり、一つ薄手のコートで自転車で仕事に向かい、なんだかすごく寒い気がすると思うと同時に気づいたのだが、コートの下にジャケットを着て来るのを忘れていて、寒がりの私が暑いフリをして仕事をこなし、お昼にお弁当を食べようとしたら箸を持って来るのを忘れているし、今日は花粉がひどいななんて鼻をかんで気づいたのだが、寝る前に花粉症の薬を飲むのを忘れているし、仕事帰りでタバコを買おうとしたら、財布を忘れていたしで忘れ物づくしの1日を送ってしまった。


私のキャパが小さいのが悪いのか、キャパオーバーまで追い込んでいる私が悪いのか、どちらにしても私が悪いのには変わりないのでそれを嘆くのではなく受け入れたいのであるが、同居人彼女がそばにいるのをすっかり忘れ、けたたましい音とともに私の体内の悪臭を放ってしまうしまつである。


明日は週末、忘れ物はしたくないので、一番新しい心の傷が癒えるのを願って5分でも早くベッドに入ろうと思います。それでは。