読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち聞きweblog

待ち合わせで相手が遅れてる時とか、何故か眠れない夜とか、通勤や通学の電車とかで流し読みして下さい。

ベストな睡眠時間を探るべく

一体どのくらい眠ればこの眠気から解放されるのだろうか。


34歳がもう目の前に迫った月曜、週末の過ごし方が次の月曜日に無視できない影響を与え、下手すれば金曜まで調子が上がってこないこともしばしば。サウナと水風呂の往復でも取れない慢性的な疲労感のことを考えていることがもう若くはないということなのである。なのではあるが、私も10代の頃は程よい運動神経、程よい学力、で鳴らしていたため、腕に覚えありである。


いざという時は過去の貯金でどうにかなると心のどこかで思っているのである。


何もそれには根拠がないわけではない。日常の生活でその片鱗が隠しきれておらず、滲み出てしまうのである。ツタヤの登りエスカレーターでは、前のマダムのカバンからこぼれるように落ちたハンカチが地面につく前に拾い上げ、不信感いっぱいの目で睨まれるほど運動神経は衰え知らずだし、バーで泥酔しているにもかかわらず、飲んだビールの杯数と金額も2秒あれば計算することもできる。


このまま老いながらも、かつての輝きはそのままになんてこともあるのではないかと信じて疑わなかったのだが、つい先週の日曜日に、彼女とサイクリングでショッピングを楽しんでいた時、なぜそうなったか全く理解不能なのだが、軽い衝撃と共に私の自転車の後輪が宙を舞ったのである。私はあ、これはやばいやつだと瞬時に判断するやいなや、持ち前の運動神経するはずだったのだが、案の定綺麗に着地できるわけもなく、人通りも多い駅近くの道路で一人ヘッドスライディング状態をかましたとなれば、神が命に関わる大事故を起こす前に軽いジャブで30代中盤なめんな、調子乗ってんなよと知らせてくれた気がしてならないのである。神の御告げ通り、加齢には勝てない、明日からはつつましく生活しようと、プロで言えば引退宣言をした瞬間でもある。


近くにいたダンディーなジェントルマンに、青ざめた顔で大丈夫かと心配してくれただけで、少しは救われた気がしたのだが、その後ろで同居人彼女が一回転するの? の一言には苦笑いであった。この時からだろうか、寝ても寝てもまるで眠気がとれず、逆に1日徹夜してみようかなんて、出来もしないことを考えつつ、睡眠時間に7時間を確保すべく、今夜もしゃぶしゃぶの肉より薄い毛布で眠るとします。それでは。