読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち聞きweblog

待ち合わせで相手が遅れてる時とか、何故か眠れない夜とか、通勤や通学の電車とかで流し読みして下さい。

若さ、二周目

個人差はあるものの、若い男子は欲求の塊である。人間には三大欲求というものがいい意味でも悪い意味でも付き纏い、食欲や睡眠欲や性欲を解消するために毎日を生きる時があり、それが若さなのでは、青春なのではないかと。お兄さんと呼ばれると少し恥ずかしいが、おじさんと呼ばれると引っかかる、そんな曖昧な年齢になり、そう思うようになってきた。
私は20代後半に差し掛かろうかという時には食欲がとめどなく溢れていた。少し厄介なのが、美味しいご飯を求めていたのである。腹が満たされるのが最低条件、心も満たすことが出来てようやく欲求解消である。
金がなく特定の女性もいなかった私にとって、埋まりようのない性欲の分、日の半分は余った時間の埋め方と空腹を満たす事に頭を悩ませていた。

困った時のラーメン頼み。ラーメンは食欲を抑えるのにコストの面でもテイストの面でもこれ以上ないパフォーマンスを発揮してくれた。現在でも、大盛りにしてトッピングを追加して、これ以上は無理というほど食べて、それでも1000円を超えない、貧乏人もお金持ちも関係なし、同様の満足を得る事ができるサービスを提供しているお店も数多く存在する。ブームという言葉が何処と無く好きになれない私なのだが、ラーメンブームにだけは首を縦に振らなければなるまい。それほどお世話になってきた。

私が20代の半ばを過ごした地域は長い間ラーメン不毛の地と呼ばれていた(らしい)が、ちょうど私の食欲の暴走が止まらない頃に、評判になるラーメン屋があちらこちらに出来始めた。残念ながら金を掛けずに女子と楽しい時間を過ごし、性の欲を満たす方法を持ち合わせてはいなかったのだが、そんな時にたまたま見つけ、できて間もないラーメン屋での美味しいラーメンが食の欲は満たしてくれたのだ。これがラーメンにハマった瞬間である。

そんな不毛の地で毎日、必ずと言っていい程行列を作り続けたつけ麺屋があった。過去形なのはすでに閉店してしまったからである。そのお店の営業はお昼の時間帯のみで、列に加わる事ができるのも当然の如く休日のみとなるのだが、並びも強烈なものとなる。

ラーメンは好きだがつけ麺は美味しいのだろうか、何十分も並んで食べたいと思うのだろうか、そんな思いでもんもんとしていたある日、友達と並んでみようかという事になった。1人では並ばないが友達と一緒なら、まあ、いいかという軽い気持ちで並ぶ事にし、開店数分前に店に着いたのだが既に10人くらいの並びができていた。

食券を買い、列に並ぶと、えらくハキハキと、にこやかにやけに親しく話しかけて来るお姉さんが食券の回収と麺の量の注文を取りにきた。普通盛りと大盛り、どちらも値段が一緒らしい。それならばと大盛りを頼み、待つ事数分で席に着くことができ、早く来た甲斐があったねなんて雑談をしていると、つけ麺が到着し、待ってましたと言わんばかりに食してみると、これがまあうまい。なるほどなるほど、あれだけ並ぶのも納得、待った甲斐があるよ、ご馳走様美味しかったです、と食の欲を満たしてもらい、にこやかに店を後にした。

近くのコンビニで缶コーヒーを飲みながら、ぼんやりと余韻を楽しんでいたのだが、しばらくすると誰が言い出したかもう一回行く事になった。食欲が湧いて捨てる程あると言っても、さすがに立て続けには無理だろうと不安になりながらも、立地は悪く次いつ来る気になるかはわからない、もし来たとしても性格上、行列を見て引き返す事もかなりの確率で考えられる。若さからくるノリもあって、もう一度行く事にした。

行列はさらに長くなっているが、今回ばかりは待ち時間が長くなるとありがたい。後ろは気にしなくていいから、ゆっくり食べなよと、頭の中で前の人達への自分本位から来る気遣いをしているところに、再びあの明るい店員さんがメニューを聞きに来た。日に2度食べに来る客はそうそういないのか、それとも私達の印象が薄いのかは分からないが、2度目だということに気づいていないらしい。お兄さん達若いから大盛りでいいですか、大盛りでも値段が変わらないんです、飲み屋のキャッチよろしく目をキラキラさせて話しかけてきたが、今の私達は並盛で十分。大盛以上の満腹感を得られる確信があったのだが、ノルマでもあるのかと言うほど、食い下がられたが、断固として譲らなかった並盛り。お姉さんの寂しそうな本当にー?がとても胸を締め付けた。この一言にお姉さんの味への自信、お客様へのサービス精神、そしてお店への愛が垣間見る事ができた。

今度来た時は必ず大盛りをお願いしますが、お姉さんごめんなさい。僕たち本日2周目なんです。今回だけはご勘弁願います。