読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

立ち聞きweblog

待ち合わせで相手が遅れてる時とか、何故か眠れない夜とか、通勤や通学の電車とかで流し読みして下さい。

ギャンブルと人と器

腕に覚えがないわけじゃないし、最後のレースで半ばヤケクソ、帰りの電車賃だけを残し、適当に賭けた2000円が40000円になったその日に1人、少し高めの真空パックしてあるタイプのソーセージを本数を気にせず豪快に沸騰した湯に入れ、ボイルしてパンパンになったそれをあてに、発泡酒ではなくプレミアムモルツを勝利の美酒として味わい、深夜遅くまでニヤニヤと酔いしれた事もあったのは、懐かしい思い出である。


老後をはじめとする将来のこと、もっと言うならば明日のご飯代のことなど微塵も考えずにとにかくお金を突っ込んでいた…などと言うことはさすがになく、良いように言うと安定的、悪いようにいうとつまらない男なのである。いつかどこかでギリギリアウトな、つまりは身の丈を超えて明日食べるのもままならない、下手すると人生詰むぞこれレベルの金額を、馬か自転車か船か、なんでもいいが一点張りしてみたい気持ちもある。本にもなっているのだが、ある大手の製紙会社の元社長がカジノで会社の金を含めて100億溶かしたと聞いてとんでもないな、こんな人間にはなりたくないと思うと同時に本を手にとっていた。やっていることは許されたことではないし、普通なら人が数十人から数百人死んでいてもおかしくないレベルであるが、スケールが違いすぎてよくわからず、憧れてすらしてしまうのである。


私なら1万負ければ、あぁ、服買って美味しいもの食べれたじゃないのと二晩は落ち込むし、3万負けたら安いお酒で1週間は現実から逃げ、10万も負けると1ヶ月は味覚を失うだろう。ギャンブルは人の器を計るのに最も適しているのではとも思うのであるが、昨日お店で買ったスニーカーが20%オフでネットで売っていたのを知り、半日も笑えない精神状態になってしまうようでは、まだまだギャンブルを語るには器もお金も足りんなと思ったので、カジノができるまでにその舞台に上がりたいけど無理だろうなぁと現実と妄想の間で揺れながら眠るとします。それでは。

必要悪

もういい大人です。多少納得のいかないことや理不尽なことがあっても、急に怒鳴るようなことはしないし、そもそもしたことがないのですが、心の中で怒りの炎が燃えていることは多々あります。が、私の性格上この炎は一晩眠るとだいたいは鎮火されますし、逆にいつまでもプスプスと白い煙を出しながら燻っているようなら、よっぽど頭に来たんだなと、そう判断できるのです。


最近、ボクシングで不可解な判定がありました。偶然私もその試合を見ていたのだが、負けたのが日本人選手ということもあり、怒りボルテージが6割くらいまで上昇していくのを感じました。日本人選手の何とも言えない哀しげな表情を見ていたらやるせない気持ちになったし、テレビの前で天高くグーを衝き上げ、怒りとも悲しみとも取れる表情をしていました。妻曰くまるでラオウのようだったと、このまま天に帰るのかと思ったと聞いたのは次の日だったのですが、今日言いたいのは、何やってんだジャッジこのバカってことではなく、よくこの判定でそんなに喜べるな相手選手このヤローってことでもありません。


プロスポーツのほとんどのジャッジを人間がやる以上、間違いは必ず起こるものだし、それによって贔屓にしていた選手が窮地に立たされたり、負けが決まったりすること、それによって怒り、感情が昂ぶったりもするのですが、そういう試合こそ記録よりも記憶に残りますし、なんだよあれは、どうなってんだ、全くふざけんなと友達と愚痴り倒すのも楽しみ、ストレス発散の一端をになっているようにも思うのです。


それがいいとは口が裂けても言えませんし、今後あってはならないとも思うのですが、起こらないとも言い切れない不確定な要素含めてスポーツの醍醐味なんだと思ったボクシングでした。こんな考えができるほど大人になったんだなぁと思ったので、今夜は大人しく眠るとします。それでは。

驚異的な眠気と闘う

余裕な日々を送っていた。

質の良い睡眠のせいだろうか、朝、気張らずにスルッと出る快便のせいだろうか、ここのところすこぶる体の調子が良かった。日中は夏を感じさせる暑さに気分は下がりはするが、集中を切らさず昼間の仕事を片付け、風のように会社を後にし、夜は家事をそれなりにこなしてお嫁さんに少しでも安らぎを、をテーマに毎日を過ごしていた。そんな珍しく調子の良い日々ではあったのだが、それも一週間とは続かず、本日、驚異的な眠気が夜に襲って来た。いつもなら多少の眠気は、ネット上に転がっている胸元がゆるゆるなグラビアアイドルの画像で目が覚めるし、逆に元気にもなるのではあるが、今はその刺激すら頰をかすめる春のそよ風の如し。何の効果も発揮されずにいる。


まだ夜にはやっておきたいことがあるし、ここで眠るのはまずいと冷たい水を胃袋に流し込み少し熱めのシャワーを浴びて、なんとか持ち直したかに思えてから20分。すでにまぶたが重力に従順である。ここまで従順なのは、ジダンに自由なプレーをさせるべく、ナショナルチームでもクラブチームでもとにかく守備に走り回っていたマケレレを思い出させるのであるが、ここまで書くとうっすらと原因が分かってきた。原因が分かったからって眠気が覚めるわけではないが、明日からの夜を快適に過ごすためにしっかりと反省しておこうと思う。


カレーは2杯まで。

 

もしも、数時間過去に戻れるなら三杯目をよそっている自分のパンツの中に熱々のジャガイモを高校生でも中学生でも10代でもないんだぞと、華麗に放り込んで、はいおしまいである。過去の自分にカツを入れたところで本日はあきらめて、ありったけの唐辛子を枕元において眠るとします。それでは。

自分を追い込む方法

強いて言えば試練だと答えたいし、追い込まれれば追い込まれるほど力を発揮するらしいよ、本当はすごいらしいよと、まち知らないところで事実と異なる噂になって、めぐりめぐって素敵な女性の耳に入ればいいのである。ソレーっとベランダからいろんなものを放り投げて素知らぬ顔で、布団の中でフンフン言いながら、お寺でもらったそこまで興味のないパンフレットを隅々まで読んでみるのも、そんな時間の使い方も幸せなのではなかろうかと思ってしまう。


休むために仕事をしているし、いつか辞める日を目標に毎日ストレスを溜め込んでいるので、逆に仕事をしていないと落ち着かない。それで意外と月曜はそこまで嫌いではないのだが、この暑さにはさすがにげんなりとしてしまう。まぶしい白のシャツだけに襟元の汚れが気になるのは暑さからなのか、それとも汚れが酷くなって来たからなのかはわからないが、いつもはヘッドバンキングをするところ、嫌いな上司にする会釈程度になるのは私の器の小ささなのであるが、ご愛嬌ご愛嬌とへらへらして過ごした1日なのである。


何も追い込まれているのは暑さのせいでも無く、さあやろうとパソコンを開いてから、まずは調べ物をと思い気がつくと2時間ほど、ネットサーフィンをしてしまった自分が悪いのであるが、きっとだれもがその経験はあるはずだとなるべく落ち込まぬよう、夜更かしにむけて本日はこのあたりで締めたいと思います。それでは。

海外からの挑戦

カルチャーが学びたくて、建築に興味があって、アニメが好きで、どうして日本に来たのか聞くといろんな答えが返ってくるとは思うのだが、歳は20歳前後くらいに見える金髪の若い外国人の男子が焼き鳥屋で働いていた。(ここでは仮にスティーブンとしよう)ラッシャイマセ、もしやバイトどころか日本に来て3日経ってないんじゃないだろうかと疑ってしまう、スティーブンのたどたどしい日本語に大丈夫かなと不安になると同時に、どこかで羨ましさや応援したい気持ちにもなった。異国の地で、しかも言語がほとんどできないのにバイト、しかもそれが酔っ払いのいる焼き鳥屋である。普通なら選ばないとは思うが、図太いというか怖いもの知らずというか、その度胸はぜひ見習いたい、見習わなくてはならないと思う部分であり、雇った大将もきっと器の大きな人間なんだろう。


テーブル席に着きおしぼりをもらって生ビール二つを注文すると、1分もせずにキンキンに冷えたビールを持って来て、チュウモンハ、オキマリマシタデショウカ。微笑ましく思いながら、私たちが注文したのは、ネギま、み、皮、つくね、むねをそれぞれ2本づつ、鳥のたたきの小を1つであった。しばらくしてたたきがまず届いたのだが、大きさが半端じゃないのである。ボリュームを売りにするようなお店もあるが、このお店はきっと違うはず。ポッキーの箱ほどはあろうかというたたきであったし、さすがに黙っておくのも気が引けるということで、他の店員に聞いてみると、申し訳有りません、と最初の3分の1ほどのたたきがやってきた。ほっと胸を撫で下ろし、ようやくいただきますである。次に持って来たのはみであったが、スティーブンが机に置く時にツクネデスと言いながら、3本置いて行った。つくねではないし3本だし、あまりに間違ってはいるのだが、日本語がほとんどできないスティーブンがやったことだからと、それでもにこやかであったし、応援をしたいという気持ちに揺るぎはない。スイマセンデシタとみを2本をもって来て解決したのに、忘れた頃にまた、みを2本持って来てしまうスティーブンをもはや愛することでしか接することができなくなってしまった。


お腹いっぱいでお会計をしたら二人で約5000円。これが合っているのか違っているのかは、わからないけど、どうせなら2000円くらいの会計でズッコケさせてくれとも思わなくもない陽気な夜であった。久しぶりに面白かったし、スティーブンが日本(2本)でうまく暮らせるようにだれか見本(3本)をお願いしますと心で願いながら今夜も夜空にお休みなさいするとします。それでは。

モテるためのギャップ

冷たく見えるのに本当は優しかったとか、普段は無口なのに歌が上手いとか、思ったよりボーダーが似合っているとか、モテを考えた時に必ずポイントとなるのがギャップである。


私は昔から〜そうとよく言われる。例えば頭良さそう(朝から晩まで必死に勉強して平均ちょい上)、スノボーうまそう(雪国出身だがやったことなし)、細そう(着痩せするだけでメタボ)ときて、最終落ち着くのがモテそうである。こちらのギャップは逆の、モテない方のそれであることは知っているし、そもそもモテそうと面と向かって言われてモテてる人をほとんど見たことがない。社交辞令であることも、つまりは私がモテとは関係ないこともわかってはいるが、自分がもしモテようとする時にはギャップをうまく使わねばとも思うのである。


先日仕事帰りに遭遇した出来事である。小学生くらいの男の子が走りながら交差点に侵入しようとした時、自転車に乗った良いように言ってお姉さん、一般的にはお母さんと呼ばれておかしくない年齢くらいの女性がスマホいじりながら、同じく交差点に侵入。あ、ぶつかると思ったが自転車のお母さんがあぶないっと言いながら間一髪かわしたのだが、その瞬間、あぶないのおまえだろっと大学生くらいの美人な女子がそのお母さんを睨んでいた。


おろおろする小学生と眉間にしわを寄せ走り去ったお母さんのすぐそばで、何もできなかったおじさんは、その女子大学生のおとなしそうな見た目からは想像できないギャップにめろんめろんであった。なるほどなるほど、異性のこういうギャップを見るとそりゃ惚れてしまうのも無理ないなと思いつつ、家のソファでいつも通りの予想通り、口半開きでよだれ垂らしてうたた寝する嫁を見て、モテる方法を考えるよりも現実の生活だなと思うのである。


このまま起きていてもお腹がすくし、カップラーメンを食べてしまうとさらにモテから遠ざかってしまうので、本日はこのあたりで失礼します。それでは。

アメリカンドッグ

夜の8時からうたた寝してしまい、日をまたいで1時間が経とうとする頃、頰をつたって耳まで届こうとしているヨダレの不快感と胸に何かつっかえているようなモヤッとしたものを覚え目を覚ました。


夢の中で阿藤快に似た2m近くの、一目でカツラと付けひげだとわかる、サンタの格好した大男に、夢を叶えてやると言われた。私はヨッシャ選ばれたと大はしゃぎするのだが、叶えたい夢がまったく出てこないのである。


小さい頃、初めて給食で食べたアメリカンドッグに感動し、大人になったら腹一杯食べてやるんだと思っていたが、今それはむしろ罰ゲーム寄りの願いに成り下がったし、声が響くような大きな家に住みたい、車と家は男のステータスだと思っていた事もあったが、掃除嫌いの私に大きな家は不釣り合い、立って半畳寝て一畳、クーラーとパソコンがあればそれでいいので、これも却下。ならば女かと思ったが、すぐ横によくできた嫁がいるので渋々こちらも遠慮しまして、となると落語家にでもなるかと思ったが、大勢の前では緊張するので務まらないし、サッカー選手かとも思ったが、これも結局大勢の人前に出る仕事なので無理。


使い道は無くとも、持ってて困らないお金がいいんだなぁとつまらない答えに収まったところで目が覚めた。なんだかなぁとスッキリしないまま、ロマンを追い求める日々を夢見たところで、今夜の夢の世界に旅立ちたいと思います。それでは。