立ち聞きweblog

待ち合わせで相手が遅れてる時とか、何故か眠れない夜とか、通勤や通学の電車とかで流し読みして下さい。

ちょうどいい塩梅

今朝の最低気温は2℃、路面の凍結にご注意ください。


見るともなくなんとなくつけてしまう朝のニュース番組で、お天気お姉さんがそう言っていたのはおよそ半年前になるし、きっと半年後くらいにも同じようなセリフを聞くことがあるだろう。夏になれば凍てつく寒さを恋しく思い、冬になれば茹だるような暑さを求めたくなるものである。ならばちょうど中間の春か秋が続けばいいのかと言えばきっとそうではない。


もしも一年中春だったとしたら、桜は散ることを忘れ町はふわふわと緩んだ雰囲気に包まれて、定食屋でサバの味噌煮を頼んでも運ばれてくるのはエビフライ定食で、夏や冬ならふざけんじゃないよ、さっさと取り替えなさいよ、エビフライはこっちで処理しとくからサバ味噌を早く持って来なさいよとピリつくわけだが、季節は春である。包まれた穏やかな陽気のおかげか、エビフライ見ながら笑って春ですね、で済むのである。


もしも一年中秋だったなら、紅葉は色付いたまま散ることを知らず、もう何年も顔を合わせていない、普通であれば一生会うことがないはずの、2〜3回しか喋ったことのない学生時代に片思いをしかけたあの子に、慣れない俳句の1つも詠んで聴かせたくなるかもしれない。夏や冬なら一生地元に帰れない危険な男としてのレッテルを貼られるのだろうが、季節は秋。まあ、なんて素敵な俳句、センチメンタルな秋の夕暮れはロマンティックですね、お返しに私の一句はいかがですかと、お茶を飲みながら素敵なラリーが続くのである。


…つまらない、嗚呼つまらない、良くも悪くも上げ下げのない平穏な日々はきっとつまらないとは思うのだが、このブログの目指すところは生ぬるい湯である。足湯にしては物足りず半身浴では汗の出が悪く、無くても困らないが温めるか冷やすかすれば何かに使えそうな、念のために腐るまでは置いておこうかくらいのブログになっていけばと思う。


最低限の目標であった100本は超えたし、次の一区切り200本目を特に意識するでもなく、ヨロヨロフラフラと更新していくうちに、いつの間にやら心地の良い旅になっている。あれとこれとそれをやればもっと良くなるなんてことは重々承知しているが、トロリと溶けたチョコのように自分に甘い私は、これ以上を目指すのはもう少しだけ先のようである。


どこを目指していいのかはわからないが、少なくとも私には、ぬるま湯に浸かっている気分になるブログではある。それでは。

 

高校野球と夏の過ごし方

丸めた頭と日焼けした顔や1プレー毎に飛び散る汗、勝った時の笑顔と負けた時の悔しさと寂しさが混じった涙が眩しい高校野球は連日熱戦が繰り広げられている。


朝から晩まで野球漬け。野球をするため甲子園を目指して高校に入り、あまりの厳しさに大好きだった野球が嫌いになりかけ、ケガで外れてからレギュラーに戻れず、スタンドが定位置になってしまった男子も中にはいるだろう。


自分の不甲斐なさに部活を辞めかけた日もあっただろうが、さりとて仲間がいることで何とか踏みとどまり頑張れていて、キャプテンとの仲が怪しいとは思っていたが、約3年片思いし続けたマネージャーの作ったおにぎりに皆シャケだタラコだと歓喜しているのに、自分のだけには何も入ってなかったことで、完全に心折れて、最終の選手を決める紅白戦ではもうどうでもいいわとスイングしたところ、力みが取れたために真芯で捉えて場外ホームラン。


最後の最後、寸前でメンバー入りできマネージャーに想いを伝えようか悩んでいたところ、キャプテンとはただの幼馴染で付き合っていないことがわかりチャンス到来。甲子園でホームラン打ったら俺と付き合って下さい、当日の朝にマネージャーに想いを伝えたが、試合で力みまくりで5打席全部ふらふらっと上がる内野フライで試合と恋のゲームセット。


夏(青春)が終わった。


心の声が画面を通しても聞こえてくるようである。プロに技術では及ばずとも、一球一球にかける想いはきっとそれ以上で、だけども技術がついて来ずミスはするし、ふいに気持ちが緩んだその時に何かが起こる、その一瞬で試合が決まることは少なくはない。


プロの野球は代表選ぐらいしか見ないが、甲子園は別である。休みの日の優先順位としては、youtube、漫画喫茶、洗濯、ご飯に次ぐので割と高めである。暇さえあればyoutubeでアホな動画見ながら腹抱えて笑い、2分後には負けた選手の涙、勝った選手の嬉し泣きを見ておじさんはもらい泣きである。


どうぞ好きなだけ気の済むだけ、という声があったかどうかは知らないが、負けた選手達が同じ方向向いて綺麗に一列に並び、砂をこれでもかと言うほど袋に詰め、報道陣がその光景を地面すれすれの低い姿勢から写真におさめるのを見て、イベント感が強いし正解なのかこれは、という疑問で涙はひくのだが、とにかく、笑ったり泣いたり、感情の起伏が激しいのがだいたいここ数年の私の夏の過ごし方である。

ツイてないが

買った折りたたみ傘は立っているだけで胸まで雨に濡れるほど思ったよりも小さかったり、ネットのバーゲンで見つけて満を持して購入した20%オフの安いシャツが楽天でもっと安く売っていたり、いつもと違う道から帰ろうと思ったら通行止めだったとか、近頃は少しばかりツイていない。


なにも1週間が7日では手に負えないほどのモテ期が急に来たり、ドラフト1位に指名されたり、フレンチの巨匠と呼ばれるようになったりと、人生が変わるような大きな出来事はいらない。ツイていないのは構わないし、大抵のことは寝入る前には忘れてしまうが、ここのところ良いことや楽しいことがほとんどないのでツイていないことばかりがどうしても目立ってしまう。


例えば、コンビニで買い物したら小銭が綺麗になくなったり、中山美穂の妹と漬物屋で一緒になったり、ホームランバーが二回連続当たりだったりする、そのレベルで十分である。ほんの一雫のラッキー、小声でラッキーとつぶやく程度のことで十分なのであるが、そのラッキーが口を衝いて出ないのは、つまるところ心が潤いを失いかさかさなのだと思う。


ドラゴンボールやワンピースのようなアニメで、醜い姿の敵は総じて弱く、序盤でやられてしまうのも心のかさつきの原因となっている。本当は悪いやつじゃないかもしれない、クリリン天津飯でいいし、だれか一人だけでもそう言ってやれば、それだけで仮に負ける運命でも心は少しだけ救われるかもしれない。


近所のコンビニには外国人の店員が多くいる、それは別にいいのだが、買ったパスタにフォークでも箸でもなくスプーンをつけるミスはやめていただきたい。そちらのミスはこちらがツイてないと言えばそれまでだが、ここ数日で同じミスが、こっちとしてはツイてないが2回目だし、もしかしたら心がかさついている原因の多くを占めている気がするのである。ツイてそうでツイてない、だがツイてないのかと言うとそうでもないくらい、そのくらいが日常を進にはちょうどいいはずなのだが、それすら望むのはなかなかと厳しい。


明日からの仕事に備えて、本日は連日100球以上の投球でヘトヘトなふりをして早めに眠るとします。それでは。

しょうがなくない

突如訪れる夕立の始まりを予感させるメガネに当たる数滴に焦って飛び込んだ、カフェではなく喫茶店で、思ったよりも長い雨に足止め食らって、だからと言って焦っているわけでもこのあと予定があるわけでもないしと、食べたくもないまずいカツのカツサンド、つまりはまずいカツサンドを食べてコーヒー飲んでタバコを吸って、目の前にあった雑誌を読みながら少しうつらうつらしていると、BGMが流れるが如く入ってきた会話がやけに耳に障り、なんとなくそちらに目をやった。


だってしょうがないじゃない。


かれこれ30分で10回はくだらない。往年のえなりの代表的なそのセリフは今や若いカップルの間では、流行は過ぎたが、飽きられることなく、それどころか定番となっているようである。


几帳面そうな彼氏が彼女の遅刻の理由をふんわりと聞いたことから始まった痴話喧嘩は、口調は優しい彼氏はきっと内心相当に怒ってそうだし、その根本の理由がそれなんじゃないのと言いたくなるように、ゆらりゆらりと物陰に隠れるよう、全てを何かのせいにしてしまうのは、彼女が女子だからと言う理由では無さそうである。


だってしょうがないじゃない。


好きな女子を落とすためなら奥歯を食いしばるまでもなくさらりと飲み込めたそのセリフも、時間がたてばたつほど、慣れれば慣れるほど滑りが悪くなり、簡単には飲み込めなくなる。ここの落とし所をどうするかで二人の将来が変わると私は思うのである。


いや、違うんですよ。


何を言っても否定から入る人間を私は3人ほど知っている。くだらない冗談、仕事の話、ほっぺが薄く色付くような甘くて酸っぱい恋の話、ジャンル問わずどんな話でも全て否定し、自分論を投げかけてくるその様が私には可笑しくて仕方がないのだが、中にはピリッとする人も少なからずいる。


楽しく始まった部長と平の飲み会も、部長がいや、違うんですよにピリつくタイプだと知っていたら参加はしたくなかった。気づけば部長から否定癖平社員へのお説教でその日は幕を閉じた。


言葉は簡単に武器になる。知らぬうちに人を攻撃し、傷つけるし反撃にも合う。できるなら傷つけるより傷つけられたいと願いはするが、旅行中の若い女子に、


おじさん、〇〇ってこっちであってますか?


と言われた時には、静かに深く、確実に私の心は傷ついたのである。来る来ると思っていたがやはりこの時が来たかと実感した34歳の夏はまだまだ暑い。皆様お体にお気を付けてお過ごしください。それでは。

夏の憂鬱ではない夜に

夏のことは嫌いだが、あいつもあいつで大変だなと思うことがある。暑い日差しを10日も大サービスすると、やれ水不足だやれ温暖化だと国ぐるみで避難され、それならば涼しいのはいかがですかと、雨を降らせ続けると農作物に影響が出て、何やってんだ太陽はと、それはそれでまた農家や主婦のみなさんからクレームがはいる。夏も夏で大変である。


基本的には堕落した生活が性分に合っているから、ほっとけば就寝時間は遅くなり、睡眠時間は伸びに伸び、6日も連休があると、最終日に目が覚めたのは14時を回ったところであった。締め切ったカーテンに毛布一枚ではやや肌寒いくらいにクーラーを点けていれば真夏の太陽なんて何処吹く風状態である。


堕落した生活のツケはすぐに回ってくるのは重々承知しているのだが、連休のたびにこのスタイルがやめられないとなるとカウンセリングの一つも必要なのではと、起きてボサボサの髪のままベランダで一服しながら思う時間こそもしや至福と呼べるのかもとも思う。明日からの生活にすぐに馴染めるか、連休前のルーティンに戻すことはできるのか、一抹の不安はあるものの、また2日行けば休みであると思えば幾分かは気が楽ではある。


大金を手にしてグアム辺りに別荘を買い、プール付きの庭でトロピカルジュースと美女2人と一緒に1日を過ごすようなことは、負け惜しみではなく、本当に性に合わないと思っている。それなら3日に1回馴染みのカフェのテラス席で、まずいカプチーノ1杯で何時間も、今度の監督はどうだ、移籍してきたFWはチームのスタイルに合ってないなど、地元のサッカーチームについて、よぼよぼになるほど歳をとってもなお熱く語り合う、イタリア人のような暮らしには憧れる。


きっとお金は、愛と同じように人を狂わし変えてしまうらしいが、お金で買えない幸せをまだ私ははっきりとはわからないし、困らない最低限度のお金は欲しいと切に願って止まない夏休み最後の午後9時を回ったところである。願っているだけでは手には入らないことくらいは知っているので、ため息混じりに明日からもまたがんばろうと思います。それでは。

よく効くお話

おい兄ちゃん、ちょっと人助けすると思って金貸してくんねえか? 友達が昨日事故って困ってっから助けてやってくんね? 心配しなくても今度返してやっから。な? 嘘つくんじゃねえよ。ちょっと跳んでみろや。あるじゃねえかよ、ポケットのもん全部出せや。大人しく出せば痛い目みなくてすむんだよ?


みたいな漫画のようなカツアゲが昔は本当にあったかどうかは知らない。が、もしもである。車が通れないような細い道で、向こうから身長190センチ、体重120キロを越えようかというスキンヘッドにサングラス、たっぷりとヒゲを蓄えタトゥーがモリモリっと入ったロベカルの太ももよりも太い二の腕を持った、ハーレーがお似合いなアメリカンが歩いてきたとしたら。道の凹みに足を取られ、転んだ拍子に脱げたサンダルがアメリカンのスキンヘッドにペチッとヒットしてしまったら、ヘイ、ジャップ、と首根っこ捕まれ軽々持ち上げられて抵抗むなしく地面にビターッである。


もちろん空想であるが、もしも絡まれたらと、昔から道を歩いているときなどに考えることは少なくはなかった。たんに小心者、チキンハート、ビビりであるからに他ならないが、運良くこれまでいっさい絡まれることは無かったし、仮に絡まれてもここならこうやってと逃げ道を考えておく癖がついている。


20代の後半、酔うために生きていると形容できる日々を過ごしていたある日、その日も馴染みの店でお酒を嗜んでいたのだが、たまたま隣になったのが、40代と思しき綺麗な女性で、私に対してやれ若いややれ筋肉触らせろや、なかなかご機嫌であった。…のは初めの一時間だけで、そこからは旦那の不平不満を聞かされた。どうして男は浮気するのか、から始まり、年収が少ないやもっと優しくしてほしいなど、一通り考えられそうな不満をぶちまけていた。旦那さんも大変なんですよと言おうもんならヘビのように絡んでくるもんだから大変で、途中から大人しくそうだねそうだね、あなたが一番と共感して(なだめて)いたのであるが、一番の不満、それが旦那さんの昔の武勇伝を毎晩、しかも1日何度も話すからうんざりするということらしい。しょうもなっと思いながらも、それは大変ですな〜と共感して(いなして)いたのだが、この話を2時間で5回も聞かされた私はもしかしたら、この奥さんの気持ちが最もわかっていたのかもしれないし、絡まれた時の逃げ方もしっかりと詰めて考えねばなと思った若かりし頃の思い出でした。それでは。

水も滴る

今私の頭を悩ませているのは、伸びきってボサついた髪の毛である。何もしなくとも汗ばむ季節、一歩外へ出れば待ってましたと言わんばかりに汗が滴り落ちるのは私だけではないはずである。皆様は夏の散髪をどうしているのか、はっきり言って疑問である。


例えば、今は午後の3時で、徒歩5分の馴染みの美容室に電話して、4時に予約がとれたとしよう。3時50分に家を出るまで、心構えの類ではなく、どんな身支度が正しいのだろうか。


万が一新しく入店したかわいい店員さんに当たったことを考えると、まずは全身の汗を軽く流すためにシャワーは最低限のマナーとして必須で、もちろん頭も洗い流して、となるはずだがここで貧乏性が発動し、どうせ後で洗って貰えるんだしと、体の汗をささっと流すだけで頭は洗わず、となる。


ここからが本題なのだが、頭は汗をかいたまま、場合によっては滴り落としながら行っても良いものだろうか。大切なハサミが錆びて切れなくならないだろうか。終わった後に後ろ指指されないだろうか、などなど。要は迷惑をかけてしまってるのではなかろうかと不安になってしまう。


経験上、汗が引くまで待っててはくれないし、ならばいっそのこと、今日は汗がひどいので霧吹きの必要ないですね、ウフフと心を砕く酷いジョークを言って欲しいものである。


ならば、頭を洗った方がまだマシだろうか。いやしかし、私のようにドライヤーをしない場合、湿った髪のまま行くことになるが、その場合、やはり担当の若い女子はかわいそうである。いい歳したおっさんの髪が湿っているとなると、きっとシャワーしてきたんだと思ったとしても、それはそれは気持ち悪いだろうし、触りたくもないだろう。その晩、店長にヨゴレたのでヤメますと辞表を出す姿までイメージできてしまうのでこれもダメ。


女優さんのように本気出して頭から汗をかかないようにできたら、それで今回の問題点はだいたい解決できるのだが、そう簡単にいけるわけもなく。この季節に迷いなく散髪行ける皆様は一体どうしてるのだろうか、明日からの夏休みの間に美容室にいけるかどうか、そもそも開いているのかどうか不安なのだが、頭冷やして考えたいと思います。それでは。