立ち聞きweblog

待ち合わせで相手が遅れてる時とか、何故か眠れない夜とか、通勤や通学の電車とかで流し読みして下さい。

雑記-先住民との後出しジャンケン

とある工場の話。かれこれ数十年以上もその地に工場を構えて木工製品の制作を生業としている。工場の規模としては小学校の体育館くらいか。中心地からは離れていると言ってもそこら一体は民家がギッチギチに建ち並ぶ。空き地はなく、緑も少なく、都会の住宅地という印象を受ける場所だ。

 


木を切る音、釘を打つ音、スプレーで吹き付ける音が早朝から夜遅くまで休まずに数十年も続いていたのは、衰退の一途を辿っていると言わざるを得ない高級家具製作への周辺住人の理解と協力があったから。もしかしたら、街の誇りと思う人もいるかも知れない。現に工場の前で大型トラックに家具や建具を積み込む時には、近所のおじいちゃんおばあちゃんが出てきて嬉しそうに作業中のにいちゃんに話しかけるのをよく見る。

 


何積んでんの?

 


飲食店のカウンターですわ。

 


えらい大きいな。ケガせんように気張りや。

 


おおきに。

 


腕っぷしには自信ありげ、夏でも長袖なのはそういう意味かい、と問いたくなるような強面金髪の若いにーちゃんも近所付き合いを笑顔でこなす。もっとも会社から強めに言われているのか、本当に嬉しいのか分からないが、真意を探ろうとするなんて無粋なことはしない。ただ、このにーちゃんに限らずスタッフ全般、日常的に見られる光景ではある。

 


職人が育つ職人の街らしい、こういう場所は嫌いではないし、今後永きに渡って守るべき文化ではないかと思う。が今、内情はそれどころではないらしい。老舗というにはまだまだ若いが、近畿で業界上位に食い込むだけあり、仕事は選ぶほどに舞い込む。喜び反面、いつまでも続くとは限らないという臆病な面も他社に比べて多く持ち合わせている。仕事があるうちに身を粉にして働くというのが、社員一同の共通した考え。幾度となく経営危機を乗り越えた先代から、若手へと受け継がれた絶対的な「教え」だ。

 


早朝から夜遅くまでがこの工場でのスタイルだったが、最近はこのアイデンティティとも言えるスタイルを貫けなくなった。仕事に生ける精鋭達だ。日本社会で騒がれる労働時間とか労働環境とか、そんなことではないのはあきらか。もっと問題なのは、近所に昨年できたばかりのマンションが問題なのだ。

 


朝から機械の音がうるさくて窓が開けられない。子供の通学にトラックが通るのは危険だ。

 


などの苦情が挙げられた。

 


後から来てそれは勘弁して下さい。完全な後出しジャンケンですやん。

 


眉をへの字にしていたかは知らないが、その地に税を納めるという形で大きく貢献してきた会社役員は、泣きつくように地域の偉い人に抗議したが受け入れられず。朝晩は機械を動かせなくなった。これまで平均して12時間機械を動かして来たのに、これからはきっちり9時間。単純計算で生産量が75パーセントまで下がる。

 


マンション住人の言い分も分からなくはないが、購入前から工場があることは分かっていたはず。先住民から住処を奪い追い出すようなやり方がアマゾンではなく日本のこの時代にあると聞いて愕然とした。見ればそのマンションはなかなかに高級そう。住んでる人の資本はさぞ潤沢なのだろう。
 

雑記-寝るのが嫌な休日を

メキシコのお父さんは毎日ギターとマラカスでラテンな音楽で歌って踊ってテキーラを煽っているので呑気で陽気と見られやすいでしょうが、そう見えて悩み苦しむこともきっと少なくないでしょう。娘の嫁ぎ先がアメリカだったとか、母ちゃんのタコスが日に日に辛くなってきたとか、メキシカンハットにポンチョ、口髭をとるのは許されないとか、テキーラに弱くなったとか。悩みに大小はあれどきっと何にも考えることがなくボーとできる日はまずもってないだろう。

 


かくいう私もここの所の休日の過ごし方について悩んでいる。休日、出不精、ローソファの組み合わせは寝正月ならぬ寝休日が出来上がるようだ。前日深夜まで遊んでいたなら仕方ないが、私の場合、平日とそう変わらぬ時間に眠り、普段より遅く起きてなお日中は惰眠を貪る体たらくだ。しかもそんな時は大体夕方以降憂鬱になる。せっかくの休み、勉強したり映画見たり、本屋で急に催す便意と闘いたかったのに、寝るだけで陽は落ち辺りの街灯が街を照らし始めると暗い気持ちになる。

 


これは早めに対策(外出して無理矢理起きておく作戦)を講じる必要があるとは、悪い天気や暑い日が続くとどうにも外へと足が向かず、結果寝休日を繰り返してしまう…。根本的な解決が必要だ。寝入りながらあれやこれや考えてはみたが、睡魔に勝る答えは出せず。また今日とて後悔のある休日を過ごすしかなさそうである。悲しきかな仕事中は眠くならないのに腹立たしいことこの上ない。

雑記-自販機に忘れられたお釣りの処理

後ろめたい気持ちがあるんです。多分本当なら罪にも問われるんじゃないかとも思うんですが、だったら一体どうするのが良かったのか誰か教えて欲しいです。

 

 

傘をさすことになるからと自転車やめて電車に乗ったが、結局傘をさすことなくその日を終えたとか、帰りにちょっと立ち寄った本屋の傘立てにそのまま傘を忘れて帰ったとか、空模様がぐずつくと一日中ロクなことがないといらいらしていた。何が変わるでもないことは承知のうえで、そこまで欲しくないコーヒーを飲んで心を落ち付けようと、110円で買える自販機に150円入れて缶コーヒーを買って、お釣りに手をやると40円にしては明らかに多くの硬貨が入っていた。数えると全部で440円。私のお釣りが40円なので、差額の400円は、多分前の人が510円でジュースを買ってそのまま忘れたのだろう。周りを見回してもそれっぽい人はいないし、小さなラッキーという想いと一緒に財布に入れてしまった。

 


皆さんも一度くらいは経験があるんじゃないでしょうか。自販機に忘れられたお釣りを懐に入れてしまったことは。本当なら警察に持っていくべき…なんでしょう。だけどもね、どこで拾ったかとか、状況聞かれたりとか、住所書いてお礼はいらないとかチェック入れたりしていたのなら、500円にも満たぬ金額に下手すりゃ30分も時間を取られるわけで。安月給の私でももう少し稼げると思うのです。じゃあ見て見ぬ振りしてそのままにしておいたならと考えるが、次にお釣りに気づいた人の懐を温めることになると思うと、急になんだか勿体ないと思ってしまう、けち臭い一面が垣間みえたり…。

 


一体どうするのがいいのか、答えは出ぬままだが、忘れた傘を誰かに使ってもらえていると信じて、新しい傘代にさせていただこうと思います。それでは。

雑記-あれは何だったのかと思う

今でもあれはなんだったのかとカレンダー見つめながら思索に耽ることがある。怖い話や不思議な話ではないから安心して読み進めていただきたい。

 


数年前のことである。確か9月だったと思うのだが、シルバーウィークなるものがここ日本で開催されていたと思うのだが、私の記憶違いだろうか。9月の後半、ほとんど一週間が休みだった年が確かにあったはず。現に「シルバーウィーク」などというネーミングセンスを感じぬ脂っ気のない呼び名があるのは、大型連休が確かにあったという証拠だ。

 


祝日と土日の関係で休みをうまくとれば○○連休になると、ゴールデンウィーク前にざわざわすることはよくある。このゴールデンウィークに関して言えば4月29日から5月5日まで、4つの祝日とメーデーがあることを考えたなら、1、2日の調整だけで1週間程度の連休を作り上げることは容易である。

 


だが、シルバーウィークについてはどうだろう。何度カレンダーを見直してもそこにある祝日は秋分の日と敬老の日のたったの2日。仮に週5日勤務として、その祝日2日が同じ週にきたとて週の半分以上は平日である。シルバーウィークと呼ぶには頼りないにも程がある。あれは一体何だったのか、夢か現実か、スマホを遡ればすぐにわかるが、それをするより面倒くさいが勝つし、真相知ったところで休みが増えるわけでもなし。なので記憶の墓場に放り投げとこうと思います。へびつかい座と謎の金属片と共に。
 

雑記-有頭エビを使った料理

近所にスーパーがあればこんなに便利なものかと目をまん丸にしているうちに、引っ越して2ヶ月が経った。ここんところの休日の日課はそのスーパーへ足繁く通うこと。少ない時で1日1回、多い時で3回。平均すると1.5回くらいと言えばその頻度は分かりやすいだろうか、むしろ中途半端なデータだろうか。

 


決して安くはなく、品揃えも豊富とは言えず、自転車を置くのも憚られるそのスーパーへ出掛けるのは、ただ、有頭エビを仕入れたいからなのである。魚介類が豊富なわけでもとりわけ鮮度がいいわけでもないのにどうしてそこまでしてそのスーパーにこだわるのかと言うと、それは近いからに他ならない。

 


あと、有頭エビっていつも置いてそうで意外と置いてないのな。頭の無い下ごしらえされたエビはあるけれど、有頭エビになかなか巡り会えない。かれこれ有頭エビを探して一ヶ月が経とうとしているが、季節じゃないのか、不漁なのか、出回っていないのか分からないが、有頭エビが売ってない。

 


いっそ頭の無い下ごしらえしてあるエビでと思ったが、頭が肝心、むしろ頭と殻があれば身は二の次だ。頭の中に詰まったミソの旨味とコク、殻から出る香ばしい香りが味のベースである。頭と殻で極上のスープをとればもう出来たもの同然。あとは手筈通りに…となるわけだ。

 


思えばエビは昔からの好物だった。幼少期、死んだじいちゃんの膝の上で、目の前に所狭しと置かれた馳走の中でもとにかく甘エビの刺身ばかり食べていたというし、うどん屋行けばエビ天は必ずトッピングする。水はエビアンと決めているし、エビちゃん派だったし、エビにうるさいとは言わないが目がないのは隠しようのない事実である。

 


ああ、エビさえあれば、有頭エビさえあれば作れるのに。それさえあれば後はなんにもいらない。

雑記-期待感

先日の台風の時だった。仕事を終え、幸いにも無事に帰宅できた後に、iPhoneの画面に文字が浮かんでいるのを確認、目をやるとすぐにスタンバイモードに入ってしまったが、「卒業以来」という4文字は確認できた。

 


家に着き台風被害が特になく、嫁の実家、義理の姉家族も問題なしとわかった安堵感からか、久しく関係はないはずの卒業という単語に淡くて甘酸っぱくてだけどもほろ苦いグレープフルーツジュースのような気持ちになった。こんな気持ちはいつ以来だろう。

 


中学か高校かそれとも大学か。女子と挨拶交わすだけで精一杯、話すたびに緊張する、ウブをまだまだ卒業していなかった世間知らずの若かりし頃が懐かしい。次に続く文章はなんだろう

。「だね」だろうか。30半ば、数少ない知り合いのほとんどが結婚したと風の噂で耳にしたし、私も家庭を持った身。やすやすと誰これ構わず誘えるわけでもなければ、こちらから連絡することもよっぽど大事な用事がなければない。

 


こんな感じの脂のないパサパサな対応をしていると、不思議なもので少しずつ連絡を取り合わなくなるもんなのですな。そこに来て

 


卒業以来だね。

 


なんて甘美な響きだろうか。シンプルでいて奥床しく、青春時代が蘇る、次がきになるそのセリフ。悪くない、むしろ1番いい。少し沸き立つ思いを抑えながら画面をオンにすると、

 


卒業以来でも大丈夫?

 


卒業以来…でも…大丈夫…
携帯の前でこのなぞなぞに対する答えを絞り出そうとあれやこれ考えている時にさらにメールが来た。

 


間違えた。そっち大丈夫?

 


予測変換で勢い余って送ってしまったようだが、私からの返信は大丈夫、ありがとうだった。最近どうしてるや、たまにはご飯でもといった、旦那さんとの仲を探るような内容でなかったのは、相手が2、3ヶ月に一度は顔を見る男友達だったからです。
 

雑記-面倒な習慣を無くすには

やらなきゃいいと言われたらそれまでではあるが、日本(だけではなくおそらく世界中)には面倒臭いしきたりや行事がやまほどにある。年賀状やお中元、お歳暮、忘年会に新年会パッと思いつくだけでもご覧の通り、紙面を埋めつくさん勢いである。もしも、今サラリと挙げたイベントだけでもこの世からなくなったとして、喜ぶ人はいて、困る人はいるのだろうか。

 


確かにお中元、お歳暮時期のハム屋、酒屋の売り上げは多少下がるだろうが、だからなんだ、企業努力でどうにかしてもらうとして、これらの習慣は普通に過ごすためにはいらない。本当に忘年会、新年会は必要だろうか。事あるごとに理由をつけてビールにハイボールに焼酎、日本酒を嗜んでいるだろう。やれ接待だ、先輩の誘いだなどとうんざり顔を奥さんに見せながら、サンバ踊るくらい楽しんでる人も中にはいるはず。年が暮れます、年が明けますなんて毎年わかっていることなのに、なぜにわざわざ集まり酒を飲むのか。年末年始はだれもが忙しいだろうに。はっきり言って不要だろう。そして忘年会と新年会の合間に行き交う年賀状こそ不要なことこの上なし。今は連絡取り合うのはラインかメールが主。ならばそれらで十分である。フェイスブックツイッターなどのSNSを活用している人なら、それらを使えばいいし、年賀状の必要性がまるでわからない。いや、あれもこれもやりたい人はやればいい。ただ、やらなければ失礼に当たるとか、一般常識から逸しているという風潮に我慢ならんのだ。

 


無駄なものをなくそうとする世の中なのに、どうしてなくならないのかと私なりに考えてみた。これらはどれも謂わばかしこまった挨拶。かしこまった挨拶の価値を下げることができたならこういう面倒なことはなくなるのではないかと思っている。仮説があっているとして、ならばどうしたらいいかだが、普段のおはよう、こんにちは、おやすみ、さようなら、いただきます、ごちそうさま、お疲れ様、ありがとうなどなどをまずは一種類のみにしてみてはどうだろう。例えば「ういっす」が全てに共通する挨拶にしてみると。朝起きた時、道で会った時、夜寝るときにごはんを食べる時、どんな時もういっす一つで済ませられるなら、挨拶の文化が衰退するものと思われる。普段の挨拶の水準がさがれば、きっと年末年始などのあいさつの水準も下げざるをえないと思うのだがどうだろう。文化の衰退…個人的には悲しいことだと思うのだが、面倒なことを無くすためにはいたしかたない。ハイリスクではあるが、リターンは大きい。まずはすべての挨拶を「ういっす」に統一でいかがでしょうか。