立ち聞きweblog

待ち合わせで相手が遅れてる時とか、何故か眠れない夜とか、通勤や通学の電車とかで流し読みして下さい。

エッセイ

雑記-先住民との後出しジャンケン

とある工場の話。かれこれ数十年以上もその地に工場を構えて木工製品の制作を生業としている。工場の規模としては小学校の体育館くらいか。中心地からは離れていると言ってもそこら一体は民家がギッチギチに建ち並ぶ。空き地はなく、緑も少なく、都会の住宅…

雑記-寝るのが嫌な休日を

メキシコのお父さんは毎日ギターとマラカスでラテンな音楽で歌って踊ってテキーラを煽っているので呑気で陽気と見られやすいでしょうが、そう見えて悩み苦しむこともきっと少なくないでしょう。娘の嫁ぎ先がアメリカだったとか、母ちゃんのタコスが日に日に…

雑記-自販機に忘れられたお釣りの処理

後ろめたい気持ちがあるんです。多分本当なら罪にも問われるんじゃないかとも思うんですが、だったら一体どうするのが良かったのか誰か教えて欲しいです。 傘をさすことになるからと自転車やめて電車に乗ったが、結局傘をさすことなくその日を終えたとか、帰…

雑記-あれは何だったのかと思う

今でもあれはなんだったのかとカレンダー見つめながら思索に耽ることがある。怖い話や不思議な話ではないから安心して読み進めていただきたい。 数年前のことである。確か9月だったと思うのだが、シルバーウィークなるものがここ日本で開催されていたと思う…

雑記-有頭エビを使った料理

近所にスーパーがあればこんなに便利なものかと目をまん丸にしているうちに、引っ越して2ヶ月が経った。ここんところの休日の日課はそのスーパーへ足繁く通うこと。少ない時で1日1回、多い時で3回。平均すると1.5回くらいと言えばその頻度は分かりやすいだろ…

雑記-期待感

先日の台風の時だった。仕事を終え、幸いにも無事に帰宅できた後に、iPhoneの画面に文字が浮かんでいるのを確認、目をやるとすぐにスタンバイモードに入ってしまったが、「卒業以来」という4文字は確認できた。 家に着き台風被害が特になく、嫁の実家、義理…

雑記-面倒な習慣を無くすには

やらなきゃいいと言われたらそれまでではあるが、日本(だけではなくおそらく世界中)には面倒臭いしきたりや行事がやまほどにある。年賀状やお中元、お歳暮、忘年会に新年会パッと思いつくだけでもご覧の通り、紙面を埋めつくさん勢いである。もしも、今サ…

雑記-台風に震災に、悲しみに暮れる暇もない

毎月のようにどこかで大きな災害が起こるのはこの小さな島国において避けられない運命なのでしょうか。なぜか不幸なことほど立て続けに起こります。 弁当食べようとしたら箸を忘れていたことに気づき、同僚から割り箸もらって割ろうとしたら割れると言うより…

雑記-台風の日に観光

普段は観光客で賑わうあの通りも、昼間から飲み屋のハシゴが楽しそうな立ち飲み屋の並ぶあの通りも、流石に昨日は人通りが少なかった。あれだけ注意喚起を促す、最強クラスの台風上陸のニュースをしつこいくらいにテレビで見たなら、誰だって家に閉じこもる…

雑記-倍嬉しい休み方

目が覚めたのは朝6時になろうかといういつもより30分も早い時間だった。理由は小鳥のさえずりが聞こえたわけでも、ジョギングを始めたからでもなく、尿意によるものに他ならないが、そのついでにスマホを確認した。昨晩、待てど暮らせど会社から本日は危険な…

雑記-初めて包丁を握った日

まだ右も左も、それこそ上も下も分からぬ頃から包丁は危ない、火は危ないと保育園でも学校でも家でも、脳に刷り込むように教えられ、その頃は約束事としてキッチンに一人で入ってはいけないとされていた。ある日親の帰りの遅い夕方、一人キッチンに入り見様…

雑記-暮れなずむ9月2日の日曜日

まだまだ予断を許さぬ暑さは続いているものの、35度を超える日は週間予報では見当たらず、峠をようやく超えたようだ。多分もう夏の終わりである。 夏が終われば次はあっという間に冬で、今年の秋は短かったなどと毎年同じような愁う話をしていたらすぐに年末…

雑記-歩きスマホ、自転車スマホから不公平が生まれる

世の中不公平である。そんなもんなのよ、と場末の飲み屋で明け方、ママに言われたなら、そのまま突っ伏して寝てしまいそうである。あれほど歩きスマホや自転車スマホで事故が多発しているというのに、誰もやめようとしないどころかむしろ増えているように思…

雑記-電子書籍と裸一貫

人は裸一貫で生まれて裸一貫で死んでいくというが、詰まる所、何も身につけないことが普通の状態、最も人間らしいとされるべきなのだろう。ならばなるべく物を持たずを常日頃から心がけるのが正解。となれば、最低限必要な物は、と考えたなら、最低限度の衣…

雑記-影響をモロに受けることもたまにはあるのかも

語呂合わせならハニワがしっくりくる本日8月28日更新のこの記事は、当ブログでは珍しく、3度の書き直し、これが4度目となった。過去にはエバーノートを使ってスマホとパソコンを行き来しているうちに同期がうまくいかず、9割型出来上がった記事に丸ごと白紙…

雑記-電車とバス、どちらで得したいか

昼間は旅行客や地元の人、若い男女で賑わうこの街も、朝8時前はこれから出勤の人が数人歩いているだけ。かく言う私もその1人なのですが、いつもは通勤時に通らぬこの道を1人のんびり、たまに段差もない平坦な道につまずきながら歩いているのは、仕事が嫌にな…

雑記-悲しい話 気付かれずに消える才能が儚い

たとえば、長い間一つのコミニティーの中にいると、気の合わない人とぶつかることもあれば、不満も溜まることもある。そういうものだし、それは受け止め自分の中で消化するだけ。 一から作り上げた自分のコミニティーでないなら、そこは人が作った場所。ただ…

雑記-まだ400本に達しないけれど、それでもわかってきた事

ほとんど意地で更新しているだけのブログと言われても言い返す言葉が見当たらぬ、当ブログも4度目の大台、400本が見えてきました。意識してないと言えば嘘になるけれど、だからと言って食うに困らなくなるわけでも、家のテレビが一回り大きくなるわけでも、…

雑記-試験とその前に試練と

面倒だろうとは思う。だが少し羨ましくもある。うんうん唸る主を見てそう思った。 仕事で使う資格のためと言えど、我が家の主は今、月に一度、レポートを提出し何度かある講義を受講し、試験を受けるために大学へ通っている。専門的な教科書を読み、3000文字…

雑記-甲子園準決勝と決勝の観戦の仕方について

ロゴがピンク色のフリスクを噛まずに舐める。ほんのりとした甘みが舌の上に少しずつ広がりやがては舌全体を包む。が、じきに我慢できずに奥歯で噛み砕き、おかわりしても再び噛まずに舐めていても気づけば無意識のうちに奥歯で噛み砕いてしまうのは、フリス…

雑記-選手の気持ち

こんな場面が高校野球部に入ってたった5ヶ月で回ってくるとは俺も「もっている」側の人間なのだろうか。負ければ3年は引退。もしかしたらあと1球で終わり。瀬戸際だが流れは今うちにある。甲子園2回戦、野球歴10年の自分にとって一番の見せ場だ。9回裏…

雑記-ほんとうに良かったと思うこと

ほんっとうに良かったと思うことが大人になってからは何度かあった。 初めて入った定食屋で、親子丼とミニうどんでお腹を満たして席を立とうとすると、いつも入れてる後ろポケットに財布がなく、支払いもそうだが、どこかに落としたのか忘れたのか、焦りに焦…

雑記-インスタント麺でノスタルジーに触れて

一括りに焼きそばと言っても、生麺の焼きそばとカップの焼きそば、インスタントの焼きそばは、ネコとヒョウとトラくらい違う。家で嫁に言う「焼きそば食べたい」は生麺が標準となっているので、カップ焼きそばが食べたい時はカップ焼きそば食べたいと、イン…

雑記-夢と現実

調子いいなと朝起きた時からわかっていた。体は軽く食欲はあり、片手で逆上がりだってできそうだ。出発までの時間はまだある。愛犬の しげお と さだはる を連れて朝日をバックに海辺を散歩。軽くジョグを交えながら帰宅。凄く良い。できればすぐにでも試合…

雑記-盆前なのでまじめなやつを一つ

本気で願って死ぬ気でがんばれば夢は叶うと思うのです。今まででたった一度だけ行った同窓会で、私の、黒髪、中肉中背、メガネという真面目な学級委員長を絵に描いたような見た目からは考えられないほどの適当さ加減、不真面目さをいち早く見抜き、私に厳し…

雑記-夏だから、 何となくドリンク から 一応トイレ まで

朝はまだマシか、いや全然マシではない。太陽に当たれば腕、顔など露出部分にミリミリと紫外線がめり込むような感覚を覚え、特にこれといった用のないコンビニへ駆け込むこと数え切れない。 駆け込んだコンビニではまずはざっと雑誌やコミック類をチェックし…

雑記-プレステ4を取り逃がしたのに、思いの外夏休みは長かった。

社会に出たなら、特に私のような貧乏人は、1日の大半を仕事に費やさざるを得ない人間がほとんどだと思う。例えば日中に仕事をするとしたなら、朝6時半に起きて準備して、仕事に行って残業なく会社を出るのが5時半で、帰り道に30分かかるとしたら家に着くのが…

雑記-やかましいと思った音が今では癒しの音に聞こえる

電車が好きである。小さい頃、乗り物酔いがひどく、10分も自動車に乗っていたなら発射準備は完了していた。自家用車で遠くに行く時、込み上げるものへの我慢が限界に近づき、あとどれくらいで着くか両親に尋ねたら、あと10分で着くからと言われ大人しくして…

雑記-スポーツに不要な力み

思いや気持ちを伝える方法は多い。言葉はそのうちの最たるものだ。話したり、紙やメールに文字を書いて読んでもらったり、手話やボディランゲージもそう。言語の発展が相手へ伝えるという手段で最も重要なものだとは言うまでもない。 こんがり焼けた肌がかり…

雑記-マッサージへはほとんど行ったことがない

朝から本調子でないのはいつものこと。むしろ本調子じゃないことが本調子となりつつあることをしょうがないと諦めるのか、何とかしようと動き出すのか、どちらか良いのか悩むこの頃。背中の筋繊維の何本かに一本が鉛になったのかと疑いたくなるほどにずっし…